中央リテールの口コミ 審査落ちで一番多い理由は?

中央リテールの口コミでわかる審査前の対策

対策

中央リテールに申込むからには、審査で落とされたくないですよね?
そこで、口コミを元にどんなことが理由で落とされるのが調べてみました。

 

 

中央リテールの審査に落とされた人というのは、、、

 

単純に他社の借入状況や過去に返済で事故があった等の問題だけではないみたいです。
失礼ではありますが、審査に落とされた人の状況を元に対策を考えていきましょう。

 

中央リテールの公式サイトはこちら

 

 

中央リテールの審査に落ちる3つのポイント

 

借入件数・借入額が少ない

 

おまとめローンの特徴でもあるのですが、借入件数及び借入額が少なくて審査に落ちたケースが多いです。

 

中央リテールの口コミを見てみると、年収の1/3を超えるような借入申請で審査が通った方もいます。

 

 

実は、おまとめローンの場合は他社の借入件数と借入額はある程度多いほうが有利なのです。
(あまりにも支払い能力を超えた額では、難しくなってしまいますが・・・。)

 

おまとめローンという名前の通り、ある程度まとまった額ではないと相手にしてくれないということですね。

 

また、おまとめローンは一般的なキャッシングとは違って、年収の1/3を超える借入も法律で許されています

 

 

中央リテールの口コミを見たところ審査に通るための目安は、
借入件数4社以上、借入額150万円以上」が目安と見て問題ないでしょう。

 

 

もしも、借入件数か借入額がそれほど多くない場合は、別の貸金業者をあたったほうが審査に通りやすいです。

 

 

住まいが東京から遠い

 

中央リテールの口コミで審査に落ちた方の中には、地方に住んでいて落ちてしまった方が多いです。

 

その理由は中央リテールで融資してもらうには、東京にある店舗に行く必要があるからです。

 

地方に住んでいて、店舗に行くことが出来なければ残念ながら、審査に落とされてしまいます。

 

ちょっと東京には行けないなという方は、申し込みは控えたほうが無難です。

 

 

中央リテールの営業時間内に店舗に行けない

 

ふたつめの理由である「住まいが東京から遠い」と似たような理由になるのですが、営業時間内に店舗に行く必要があります。

 

中央リテールの営業時間は平日の9:00〜18:00です。

 

サラリーマンをしている方であれば平日は忙しいという方が多いと思います。なかなか営業時間内に店舗に行けない人も多いでしょう。

 

 

ですが、、、

 

 

借金の苦しみから開放されるとおもえば、1日くらいならば休みをもらったほうがいいですよね。

 

営業時間内に店舗に行くというハードルがある分、審査が柔軟だという評判があることはメリットと言えます。

 

 

これら3つの理由に問題なければ申込む価値があります。

 

中央リテールの申込はこちら

 

 

中央リテールの口コミ

 

中央リテールの審査について、実際に投稿されている口コミを紹介します。

 

平日に来店しなきゃいけないのが難しいです。

 

平日に休み取れる人ならいいけど、サラリーマンには厳しい会社です。

 

首都圏に住んでないと難しいですね。

 

地方にいると、交通費やら時間やら負担が大きいです。

 

他からの借入が200万を超えていたのですが、審査に通りました。

 

こんなに膨れ上がってしまった私でも貸してくれるなんて、ダメ元で申し込んでよかったです。

 

完済までの期間もわかるようになって、精神的にも楽になりました。

 

中央リテールの口コミを元にした審査のまとめ

中央リテールの口コミでわかる審査に通すコツ

中央リテールの口コミで審査が甘いという話もあります。実際のところは多重債務者でも融資してくれるということで、柔軟な審査をしてくれるのですが甘いということはありません。

 

債務の金額が大きいことに関しては柔軟に対応してくれるのですが、過去に返済の遅れがある方は厳しくチェックされるはずです。

 

消費者金融のフリーローンと比べて、高額の融資になるのでちゃんと返済してくれる利用者かどうかは念入りに審査されます。

 

 

その次に中央リテールの口コミわかることは、他社借入額や収入などを元にした機械的な審査ではありません

 

というのも、審査の過程で電話が必ず入ります。電話の中で返済計画について中央リテールとの相談が入ります。

 

電話での相談も審査のひとつであるため、人柄も見られています。電話での対応は、なるべくハッキリと丁寧に話すようにしましょう。誠実な人柄を見せることも大切です。

 

それほど気構えることはないのですが、中央リテールの方で聞きたい内容をしっかり伝えてあげることが大切です。

 

ボタン